2019.1.28 ozawa

3月は印刷工場が混雑します。冊子印刷は早めにインフォメーションを!

 

 

印刷・WEB・ITで、
お客様の「伝えたい」をデザインする会社、
ヂヤンテイシステムサービスの小澤です。

 

さすがに1月下旬、
寒い日が続きますね。

 

今年は雨も降らず、
乾燥も気になります。

 

これまで、乾燥を気にしたことが
あまりなかったのですが、

 

昨年の冬に喉を痛めて
咳が止まらなかった時期があり、

 

今年は、乾燥した空気に
生まれて初めて恐怖を感じます。

 

やっと私も人並みになりました。

 

この時期、お客様からの連絡で、
3月納品の冊子印刷の話を
いただくことが多くなります。

 

今年も既に、

 

3月は印刷工場が大変混雑します

 

という話を、何度も、
電話とメールでお客様に
伝えました。

 

年度末納品の印刷物は、
予定が組まれているからか、

 

早くから、こうして連絡をいただく
ことが多いと思います。

 

当社のお客様、
教育業界のお客様が多いため、

 

なおさら、新年度向けの印刷物が
多い傾向があります。

 

印刷工場が混み合うと、
納期に間に合わなくなることもあります。

 

さんざん、3月のスケジュール調整に
苦しんだ経験があるため、

 

上記のような説明を、お客様に
しておくようにしています。

 

そんな感じでインフォメーションし、
慎重に仕事を動かしていても、

 

どう調整しても、どこに連絡しても、
印刷が入らず、八方ふさがりになり

 

困り果てるというのが1件か2件か、
毎年あります。

 

印刷業界にとって、3月は
緊張感が充満する時期なのです。

 

土日返上して、稼働する工場も
多くなります。

 

印刷通販だって、受注制限する
くらいですから。

 

印刷工場が混み合うという表現、

 

正確には、印刷工場と製本・加工工場が
混み合うということになります。

 

チラシのように、断裁するだけの
仕事はいいのですが、

 

冊子のような製本する仕事は、
印刷の時間に比べて、製本の時間の
方が圧倒的に長くなり、

 

印刷工場には入っても、
その後の製本・加工工場にすぐに入らず、

 

納期をいただくというケースが
多くなります。

 

印刷は入るのだけど、製本所が
どこも入らないんですよ

 

当社が手配する会社から、
3月になると、こういうは話がよくでます。

 

当社が直接手配するケースでも、
それは同じなので、

 

「そこを何とか」
と頼んでもどうにもならないことは
分かっていても、

 

「そこを何とかお願いできませんか」
なんて、頼んでしまうことが
よくあります。

 

年度末、冊子印刷に納期が必要なのは、

 

印刷工場のみならず、
製本・加工工場に仕事が入らない
ことが理由となっています。

 

大手の印刷通販だと、
自社の設備だけで、ある程度の
印刷アイテムを製造できるところも
あると思うのですが、

 

一般の印刷会社は、協力会社と
連携しながら、受注した印刷物を
納品しています。

 

当社も、2つ折りならここ、
中綴じならここなど、
多くの製本・加工工場と取引しています。

 

製本・加工に限らず、印刷も
最適なルートがあるため、

 

必ずしも自社工場だけではなく、
いくつもの協力会社に依頼しながら
納品しています。

 

その辺のことを、以前の記事で
紹介させてもらいました。

 

印刷費の最適化!印刷は条件によって最適ルートがあります。

 

オフセット印刷に限らず、
ロットの小さな仕事では、
オンデマンド印刷も選択肢となります。

 

品質的に、オンデマンド印刷で良く、
オンデマンド印刷で印刷した方が
安くなるのであれば、

 

オンデマンド印刷を選ぶことになります。

 

印刷物の条件と照らし合わせ、
常に最適な工程を選ぶことで、

 

お客様に無駄なコストが
かからないようにする、

 

当社でなくても、
印刷のプロは、そう考えていると思います。

 

分かりやすい具体例だと、

 

名刺の印刷を、大きなポスターが
印刷できる印刷機で印刷したら
非効率であり、安くはなりません。

 

たいていの場合、印刷と、
製本・加工の条件を合わせた条件で
最適ルートを選ぶことになるため、
単純ではないのです。

 

3月に調整が効かなくなるのは、
まずは、最適ルートの選択で、

 

3月の末にもなると、最適ルート
以外の選択肢もなくなるほど、
どこも入らなくなります。

 

印刷工場、景気良くていいではないか
と思われそうですが、

 

3月末に集中するだけで、
4月に入った途端、潮が引いたように
仕事が減る時もあります。

 

それでも3月末だけは、
混雑するので、注意が必要なのです。

 

年度末納品の冊子印刷の
ご予定がある場合は、

 

早めに取引している印刷会社に
インフォメーションしておいた方が
良いです。

 

さんざんこいう経験をしておきながら、
3・4年前に、印刷の手配を
失敗したことがあります。

 

失敗談も、参考になると思いますので、
明日、3月印刷の失敗談を
書かせてもらいます。