2018.9.19 ozawa

さよなら平成、ところで2019年のカレンダーはどうなるの?

 

印刷・WEB・ITで
お客様の「伝えたい」をデザインする会社
ヂヤンテイシステムサービスの小澤です。

 

当社ではこの時期、
来年の卓上カレンダーの
制作時間が増えます。

 

本日も、デザイナーは
来年の卓上カレンダーのデザイン
に取り掛かっています。

 

カレンダー専門企業では、
2年前からカレンダーを準備しておく
という話も聞きますが、

 

来年の2019年のカレンダーの準備は、
やきもきしたに違いありません。

 

全てはこれですね。

 

天皇陛下の退位、
皇太子さまの即位。

 

 

JIJI.COM「【図解・社会】天皇陛下の退位、皇太子さまの即位に関する流れ(2018年3月)」

 

来年のカレンダーに、
元号は掲載しないことにしましたが、

 

当社も卓上カレンダー制作会社として、
2019年の祝日がどうなるのか?
それが一番気がかりです。

 

この流れの中でいうと、
①②と書いてある、

 

5月1日「即位の日」、
10月22日「即位礼正殿の儀
(そくいれいせいでんのぎ)」

 

が、祝日なのか、平日なのか。

 

本日、2018年9月19日現在でも、
未定のままとなっています。

 

もう1つ、
天皇陛下の退位に伴い
2019年は、祝日「天皇誕生日」
がなくなることが発表されましたが、

 

12月23日は、どう表記すれば
良いのか?

 

「即位の日」は、
新元号が始まる日でもあり、
さすがに休みだろうな。

 

「即位礼正殿の儀」の後には、
パレードがあるので、
この日もさすがに、
休みになるのではないか。

 

そんな勝手な憶測もありますが、
カレンダーに憶測情報は掲載できません。

 

それで、会社としてどうしたかと
いいますと、

 

全国カレンダー出版協同組合連合会
の方針に、足並みを合わせる
ことにしました。

 

 

このように表記し、

 

5月1日「即位の日」、
10月22日「即位礼正殿の儀」
12月23日「平成の天皇誕生日」

 

は、祝日でも休日でもない扱いです。

 

既に市販されている
来年のカレンダーを
当社のスタッフが購入してみたところ、

 

同じ方針で作られいたため、
一旦これで落ち着いたようです。

 

カレンダーは、事前に制作しなければ
ならないため、
来年になってから、未定日の方針が決まっても、
どうにもならないのですが、

 

未定日の方針次第で、
影響を受ける業界もありますね。

 

なにしろ、ゴールデンウィークが
10連休になる可能性が示唆されて
いますので。

 

日本経済新聞「2019年GW、政府が10連休検討 天皇即位・改元を祝賀(2018年5月)」

 

この記事には、

 

改元の日ともなる19年5月1日を祝日にしてゴールデンウイークを10連休にする方向で検討している。

 

とあります。

 

5月1日を祝日にすると、

 

4月29日の昭和の日と
5月3日の憲法記念日にはさまれた
前後の平日を休日にできるので、

 

土曜日の4月27日からの10連休
となる可能があります。

 

5月1日が祝日はでなく、
休日となったら、
4月30日と、5月2日は平日です。

 

10連休になる可能性があるため、
旅行業界は準備に忙しいと思います。

 

進学業界も、どの日をイベント日に
すれば良いのか悩むのではないでしょうか?

 

未定日を抱えながら、
新年を迎える年というのは
なかなかないかもしれません。

 

新元号も楽しみですね。

 

その翌年、2020年は、
いよいよ、東京オリンピックです。

 

2020年のカレンダーも
イレギュラーの年になるようなので、
この流れで、紹介させてもらいます。

 

7月24日(金)・・・東京オリンピックの開会式
8月9日(日)・・・東京オリンピックの閉会式

 

東京オリンピックのこの日程によって、
影響を受ける祝日があります。

 

海の日・・・7月23日(木)

 

本来は7月の第3月曜日なので、
7月20日(月)が海の日だったはずです。

 

開会式の前日に移動することによって、
交通の混乱を避ける目的なのでしょう。

 

山の日・・・8月10日(月)

 

毎年8月11日が山の日なので、
閉会式の次の日に移動したのは、
同じ理由でしょうね。

 

体育の日・・・7月24日(金)

 

開会式の日を、体育の日にして、
休みにするようです。

 

そして、この年から、
体育の日は、
スポーツの日になります。

 

ということで、
2020年は、7月に4連休ができます。

 

産経ニュース「東京五輪で3祝日移動 改正五輪特措法が成立(2018年6月)

 

このカレンダーによって、
様々な業界が影響を受ける
でしょうね。

 

影響を受けるというよりも、
ビジネスチャンスになるのかも
しれませんが。

 

カレンダーって、
数字と曜日が並んでいるだけで、
単純なようですが、

 

間違った情報で印刷する訳には
いかないため、
慎重に取り組む必要があります。

 

そのため、
カレンダーの校正は
かなりの神経を遣います。

 

壁掛けのカレンダーは作っていないのですが、
当社では、卓上カレンダーを毎年
制作しています。

 

自社の卓上カレンダーだけではなく、
お客様からのご依頼で、
卓上カレンダーを作らせてもらっています。

 

既製品に名入れするだけのカレンダーを
配るのであれば、丹精こめて作った、
オリジナル卓上カレンダーを贈ったが
お客様に絶対に喜ばれます。

 

卓上カレンダーの制作予定がございましたら、
ぜひ、このサイトから
お問合せください。

 

株式会社ヂヤンテイシステムサービス CRM卓上カレンダー