2018.11.14 ozawa

冊子印刷を依頼する際に台割表を!

 

 

印刷・WEB・ITで、
お客様の「伝えたい」をデザインする会社、
ヂヤンテイシステムサービスの小澤です。

 

久しぶりに印刷の話です。

 

お客様がWordで作成された
データを御支給いただき、

 

冊子印刷から製本までを
請け負うことが多々あります。

 

その時に、必ずページ構成の
確認をさせていただきます。

 

お客様が考えているとぺージ構成と、
我々が理解するページ構成とに

 

食い違いがあると、間違った冊子を
納品してしまうことになるからです。

 

裏表紙のことを背表紙と
伝えてくるお客様もいれば、

 

表紙をどうするのか、まったく
検討せぬまま、本文のデータのみを
送ってくるお客様もいて、

 

ページ構成を明らかにしないと、
印刷の版を作ることができません。

 

ちなみに、表紙のデータがない場合は、
当社で作らせてもらうこともよくあります。

 

間違いが起こらないようにするためには、
共通の認識で話ができると
理解が早いため、

 

業界用語も少し交えて、
説明させていただいた上で、
ページ構成の確認をしています。

 

冊子印刷のページ構成の確認のために
普段説明をしている話を
今回は公開させていただきます。

 

冊子印刷を依頼する際に、
スムーズに、間違いなく依頼できれば、
無駄な時間もなくなり、

 

間違った冊子が出来上がることを
防止できます。

 

それでは、始めます。

 

まず、冊子印刷には表紙が
必要となります。

 

表紙 + 本文

 

これが冊子の基本構成です。

 

また、紙は表裏があるので、
冊子のページ数は、必ず偶数ページ
になります。

 

31ページの冊子という表現は
あり得ないことになります。

 

表紙は、印刷するしないにかかわらず、
必ず4ページになります。

 

表紙があり、
表紙の裏のページがあり、
裏表紙があって、
裏表紙の裏のページがあります。

 

これで4ページです。

 

業界では、表紙をのことを、
表1(ひょういち)と呼んでいます。

 

そして、裏表紙のことを
表4(ひょうよん)と呼んでいます。

 

そして、表紙の裏のページが
表2(ひょうに)、

 

裏表紙の裏のページが
表3(ひょうさん)です。

 

この関係について、
このページに分かり易いイラストがありました。

 

edu:編集って何よ?:表1・表2…って何?[編集系用語]

 

これを理解していると、

 

たとえば、
「表2は印刷しますか?白ページですか?」
という確認だけで、表紙の裏の
印刷の有無が確認できます。

 

モノクロ冊子の場合は、
表紙だけ色の紙にしたり、

 

表紙の紙と、本文の紙を分ける
ケースが多くなります。

 

紙が違えば、印刷も別になりますので、
表紙と本文とで、
ページ数も分けて考えておくと、
冊子の構成を想像する際に楽になります。

 

表紙は必ず4ページありますので、
本文が20ページの冊子の場合は、

 

表紙4ページ、本文20ページ、
合計24ページの冊子です。

 

この場合は、本文の最初のページに
ページ番号(ノンブル)「1」を
つけるケースが多くなりますが、

 

内容によっては、表2が「1」ページ
になることもあり、
ページ番号(ノンブル)のつけ方に
決まりはありません。

 

たとえば、カラーの中綴じ冊子の場合、
表紙と本文とで、同じで紙で印刷
することがあります。

 

版として、表1・表2・表3・表4
の役割は同じですが、

 

この場合は、表1が「1」ページに
なることもあり、
表紙にページ番号(ノンブル)は
記載しないため、

 

表2が「1」ページだったり、
「2」ページだったりします。

 

常に、表紙ページ(表1~4)には、
ページ番号(ノンブル)がなく、

 

本文の最初が「1」ページであれば、
問題はないのですが、
そうでない場合も多々あるため、

 

ページ構成の確認をすることが
かなり重要となるのです。

 

表紙を開いた右のページ。
表2の右の本文の最初のページが白
ページで、その次から「1」ページ
になるようなこともあります。

 

ページ番号(ノンブル)のつけ方が
任意である上に、

 

お客様も、冊子になった時の、
左右ページの関係を意識しないで
データを作られていることもあるのです。

 

こういう時に便利なのが
「台割表」です。

 

台割表は、冊子のページ構成を
俯瞰できる一覧表です。

 

台割表ができていれば、
それだけで印刷工場、製本工場まで
認識が統一できます。

 

冊子印刷の設計図、
共通言語のようなものとなります。

 

先ほどの例にもあったように、
冊子の紙の順番が、ページ番号順では
ないケースもありますので、

 

お客様としても、この台割表を使って
ページ構成を確認すれば、
安心できると思います。

 

台割表の表記も特に決まりが
ある訳でもなく、

 

表紙と、本文ページの違いを
意識して、Excel等を使い、
ページを順番に記載して表にすれば
良いだけです。

 

このページは、目次、
このページは、概要ページ、
このページは、印刷のない白ページ

 

などです。

 

そこにページ番号(ノンブル)が
どう対応しているのかを
記載しておけば、充分です。

 

ちなみに、これが弊社が使っている
台割表です。

 

 

 

ページ番号(ノンブル)が付いて
いれば、特に内容を記載する
必要もなく、

 

扉のページや、ミシン目が入る
ページなど、ポイントになるページが
しっかり記載されていれば
問題ありません。

 

ページ数が多い冊子になればなるほど、
この台割表を作っておくと安心です。

 

お客様から台割表をいただかなくても、
印刷会社では、印刷前に、

 

必ずこの台割表を作りますので、
ページ構成の連絡に不安があれば、

 

台割表を確認させてもらいましょう。

 

お客様ご自身で作られたデータで
冊子印刷を依頼する場合、

 

冊子になった時の状態が頭に
描かれていれば、ミスもなくなります。

 

間違ったものが納品されてしまった
ということにならぬよう、
台割表の活用をお勧めいたします。