2019.9.4 ozawa

ホームページを持っていない会社が、WEB上でできること

 

 

 

印刷・WEB・ITで、
お客様の「伝えたい」をデザインする会社、
ヂヤンテイシステムサービスの小澤です。

 

本日も、ホームページを持っていない
企業に向けた情報です。

 

これまでは、営業目的だけでなく、
将来的な人手不足に対応するため、

 

求人目的としても、ホームページ
は必要ではないかという論理で、
話をさせていただき、

 

昨日は、そのホームページを活用
するために、低予算で出稿でき、

 

簡単な操作で運用できる、
Google広告のことを紹介させて
いただきました。

 

しかし、そう言えば、あの会社も
ホームページを持っていないなと
思い出す会社がありました。

 

このブログでも何度か、
紹介させていただいた、
有限会社コスモテックです。

 

箔押しの会社で、このブログで
有名になりました。

 

ようこそ!行列のできる『箔押し印刷工房』へ

 

この会社、方々から取材を受け、
世界的な広告賞を受賞する
くらいの会社で、

 

印刷・加工・クリエイティブ業界では
かなり有名な会社です。

 

調べる限り、ホームページは今でも
持っていません。

 

外部ブログを使って、
ひたすら、箔押し技術について
書き続けてきたのです。

 

外部ブログというのは、
自社サイトのブログではなく、

 

アメブロやFC2や楽天などの
無料で利用できるブログのことです。

 

この会社はlivedoorブログを使って
情報発信してきました。

 

このブログを運営している青木さんが、
ブログを始めた経緯を紹介しています。

 

note:「コスモテックという、ある箔押し屋の話」(2018.5)

 

入社して4か月目。
「会社、つぶれるかもしれんなぁ…」
と伝えられ衝撃を受け、

 

会社がこれまでやったことがない
ことをやろうと、ブログで
情報発信を開始したそうです。

 

ブログ開設当時は、
びっくりするくらい誰も
見てくれる人がいなかったと
あるのですが、

 

そうでしょうね。

 

ホームページがあったって、
誰も見てくれません。

 

ブログを始めたって、
すぐに見てもらうなんて無理です。

 

継続こそ命です。

 

コスモテックの青木さん、
「やらねば潰れる」と自分に言い聞かせ、
休むことを許さず、継続したそうです。

 

その甲斐があって、
現在のような地位となり、
経営も立ち直ったそうです。

 

無料の外部ブログを利用し、
情報発信しているだけなので、
お金がかかっていません。

 

青木さん、ブログは自発的な
勉強と位置づけていたため、

 

ブログを書くことも、仕事のための
勉強をすることも家に帰ってから。

 

結果として、会社を有名にしたブログも、
当初は無給でやっていたそうです。

 

この例を見る限り、情報発信する
情熱さえあれば、

 

会社のホームページも不要で、
無料でできる外部ブログで良い
ということになります。

 

ホームページを持っていない会社でも、
ここまでできるという良い例です。

 

ブログを見てもらえば分かりますが、
ひたすら日々の業務を紹介している
だけです。

 

箔押しという、絵になる加工技術の
仕事であることが幸いですが、

 

日々の業務の紹介を通して、
会社と会社の強みを伝えることが
できるということです。

 

コスモテックさん、今では、
Twitter、Facebookアカウントもあり、

 

STORES.JPで販売サイトも持っています。

 

いずれも無料で開設できるものを
利用しているだけです。

 

そう考えるとSNSによる情報発信も、
ホームページを持っていない会社が
できることの1つです。

 

今では、Instagramのショッピング機能
を使えば販売もできます。

 

少し前にこのブログで紹介した
分散型メディアの考え方をすれば、

 

ホームページがなくても、
あらゆるプラットフォームを利用し、
多角的に情報発信することもできます。

 

無料の外部ブログ、個人的には
アメブロを利用したことが
あるのですが、

 

アメブロサービスを提供している
サイバーエージェントが、

 

2015年から「Ameba Ownd」という
ビジネス利用を前提とし、

 

デザイン性の高いウェブサイトを
無料で制作できるサービスを
始めています。

 

Ownd=オウンドという言葉が
示すように、

 

企業のオウンドメディアを
手軽に作成できるサービスであり、
ブログ形式の情報発信ができます。

 

アメブロとは違い、会社の概要や、
サービス案内などを掲載するための
固定ページも作ることができ、

 

独自のドメインで運営できるようなので、
企業のホームページとして
利用することができます。

 

スターバックスも「Ameba Ownd」を
利用しているので、
見てみてください。

 

このサービスは、
レシポンシブデザインといって、
そのままスマホサイトとなる
ように作られています。

 

洗練されたデザインのため、
企業のホームページとして
利用するにはうってつけだと思います。

 

この考え方でいけば、
採用募集も、engageなどの
無料のものを利用すれば、

 

それなりに洗練されたサイトが
できあがります。

 

そのサイトが、これまた無料の
Indedや、Googleしごと検索に
掲載できるので、

 

運用さえしっかりすれば、
求人募集も無料でできるかも
しれません。

 

以上、ホームページを持っていない
会社がWEBでできることを
洗い出してみました。

 

ブログが象徴的ですが、
いずれも、定期的な運用をしないと、
活かすことができないものばかりです。

 

ホームページがあったとしても、
WEB広告をだしたり、
活動をしないと結果に結びつきません。

 

それは、普段の営業活動だって同じ
だと思います。

 

電話する、訪問するなどのアクション
がなければ何も始まりません。

 

アクションも継続することで、
結果に結びつきます。

 

ホームページがなくても、WEB上で
アクションを起こせます。

 

今までと違う何かを始めなければ、
今までと違う状況にはなりません。

 

まずはアクションを起こしましょう!