2019.5.30 ozawa

見やすく、わかりやすく、伝わりやすいフォント、「みんなの文字」を知っていますか?

出典:https://minmoji.ucda.jp/

 

 

印刷・WEB・ITで、
お客様の「伝えたい」をデザインする会社、
ヂヤンテイシステムサービスの小澤です。

 

「見やすく、わかりやすく、伝わりやすく」
をコンセプトとした

 

みんなの文字」というフォントが
あるのをご存知でしょうか?

 

現在、担当している
ある企業様のディスクロージャー用
冊子で使用するフォントは、

 

「みんなの文字」というフォントだけを
使っています。

 

契約書など、やたらと小さな文字の
書類がありますね。

 

ディスクロージャー用冊子も、
企業の規約から、財務諸表などの
細かい数字が並ぶ冊子なので、

 

見やすさを求められるのです。

 

そんなケースで現在使われるのが、
「みんなの文字」というフォントです。

 

契約書の他、説明書や申込書、帳票
など、文字を小さく使いがちな書類には、
このフォントが使われています。

 

「みんなの文字」のビットマップフォントが
開発されてからは、

 

ATM画面表示、
スーパーマーケットなどのレジのレシート、
食品のパッケージラベル、

 

案内版や電光掲示板など、
私たちが普段目に触れるものにも
使われています。

 

視認性の高さが求められる場合に、
「みんなの文字」という
ことになります。

 

「みんなの文字」のサイトに、
活用事例が紹介されていますので、
参照してみてください。

 

みんなの文字:活用事例

 

「みんなの文字」は、

 

一般社団法人ユニバーサル・コミュニケーション・デザイン協会(UCDA)
書体メーカーイワタ
電通

 

が共同開発したUDフォントです。

 

最近、こんなカタチで、
こんなマークをつけた
タクシーを見かけますよね。

 

 

出典:http://wwwtb.mlit.go.jp/kanto/jidou_koutu/tabi2/ud-taxi/ud-authorize.html

 

このタクシーは、
ユニバーサルデザインの
タクシーです。

 

車椅子の方、高齢者、妊婦さん、
ベビーカー使用者なども含めて、
誰もが乗りやすいように
設計されています。

 

Wikipediaでは、ユニバーサルデザイン
について以下の記載があります。

 

ユニバーサルデザイン(Universal Design/UD)とは、文化・言語・国籍や年齢・性別などの違い、障害の有無や能力差などを問わずに利用できることを目指した建築(設備)・製品・情報などの設計(デザイン)のことである。

 

できるだけ多くの人が利用可能であるようなデザインにすること

 

が基本コンセプトです。

 

フォントにも、
ユニバーサルデザインが求められ、

 

でき上がったのが、
「みんなの文字」ということです。

 

実際のフォントは、「みんなの文字」の
サイトで確かめてみてください。

 

みんなの文字

 

実は、ユニバーサルデザインのフォント
UDフォントは、他にもたくさんあります。

 

時代の要請もあり、
近年数多く開発されています。

 

そんな中でも、「みんなの文字」は、
UCDA(一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会)が開発したことで、

 

UCDAフォントとも表現され、
評価が高いのだと思います。
これは推測ですが。

 

推測ついでにですが、
「みんなの文字」というネーミングが
良い。

 

誰が見ても、わかりやすいのが
コンセプトなので、

 

これ以上のネーミングは、
なかなかないでしょう。

 

「みんなの文字」は、
科学的根拠に基づき開発したそうです。

 

評価されているのは、この点ですね。

 

「みんなの文字」の、読みやすさの
理由について、次のようにありました。

 

●小さくても見やすい

●密集していても読みやすい

●劣化しても誤読が少ない

●低解像度に強い

●英数字の見分けがつきやすい

●老眼・白内障・高齢の方も読みやすい

 

誤読を防止できる
ということですね。

 

そのため、このようなケースで、
「みんなの文字」が活躍します。

 

●読み間違えては困る文字

●小さく印刷された注意書き

●読まなくてはいけない重要事項

●様々な用紙に出力される文章

●遠くから見る看板やサイン

 

「みんなの文字」は我々が使用する
DTPフォントの他にも、
Webフォントが用意されています。

 

Webフォントに限っては、
登録すれば無料で使用できるようです。

 

「見やすい、わかりやすい、伝わりやすい」
WEBサイトを目指して、
使用してみてはいかがでしょうか?

 

みんなのためが、一人ひとりのためになる
というのが、ユニバーサルデザイン
の考え方だと思います。

 

多様化が進むほどに、
コミュニケーションが重要になってきます。

 

UDフォント、UCDAフォントは、
これからますます必要になって
くるのではないでしょうか。

 

「みんなの文字」を使って冊子を
作りたい方は、当社にお声がけください。

 

当社は、

 

お客様の「伝えたい」をデザインする会社

 

なので、わかりやすいものを
作ることが比較的得意です。

 

文字だけでなく、コンテツも
わかりやすく表現し、

 

御社のコミュニケーションをつくります。

 

コミュニケーションが
円滑になることで、

 

社会の摩擦が減り、
社会は良くなっていくものと信じています。

 

わかりやすい、
コミュニケーションツールを
つくりりましょうね!