2018.12.24 ozawa

クリぼっちは普通のこと。「クリぼっち」調査レポートより

 

 

印刷・WEB・ITで
お客様の「伝えたい」をデザインする会社
ヂヤンテイシステムサービスの小澤です。

 

今日は、
クリスマスイヴの休日。

 

クリスマスイヴが休日って、
久しぶりなのですかね?

 

ビジネスブログだとしても、
クリスマスに関する話でも書きたいな
と感じていたら、

 

クリぼっち」なる言葉を発見しました。

 

クリスマスを一人で過ごすことを
意味する表現のようです。

 

浜田省吾の曲だなと
感じた人は、ある程度以上の歳の方ですね。

 

バブルの時代じゃないのだし、
今の若者も、そんなこと気にするのか
と思ったのですが、

 

こんな調査があったようです。

 

月間SPA!:20代のクリぼっちが増加 若者の「クリスマス離れ」を調査(2018.12.24)

 

この記事は、LINEリサーチの調査結果
を元にしているようです。

 

LINEリサーチ 公式ブログ:クリスマス調査(2018年11月下旬実施)(2018.12.12)

 

全体結果として「いつも通り自宅で過ごす」が51%、「仕事やアルバイト」が19%でクリスマスもいつもと変わらず過ごすという方が約7割を占める結果になった。また、「ホームパーティをする」が25%、「イルミネーションやツリーを見に行く」が8%、「飲みに行く/ファミレスに行く」が6%で約4割はアクティブにクリスマスを楽しむ層も一定数みられた。

 

7割が一人でクリスマスを過ごす
クリぼっちで、ネガティブな
イメージがなく
普通になってきたとのこと。

 

バブルの時代は、
クリスマスに高級ホテルの
予約が取れないなどと、
ニュースになっていましたが、

 

今はクリスマスだからと
特別扱いしない
ということなのでしょうね。

 

しかし、あまり一人で過ごされたら、
クリスマス商戦にも
影響がでるだろうなとも
感じました。

 

SNSもあるし、
一人でいてもつながりがある
というのが以前とは大違いですね。

 

もう1つ別の調査レポートが
ありました。

 

Itmediaマーケティング:女性の約7割が「クリぼっちはかわいそうじゃない」――JADMA調査(2018.12.24)

 

 

クリスマスのプレゼントって、
自分用になっている
ということが驚きでした。

 

一人で過ごす人が増えれば
確かにそうなりますね。

 

頑張った自分へのご褒美に
だせる金額は、
「1万円以上2万円未満」
堅実ですね。

 

どこで購入するかは、
「百貨店・デパート」(57.7%)
「通販」(45.8%)

 

意外にも百貨店・デパート
が一番多く、
クリスマスだけは、
百貨店・デパート離れではない。

 

百貨店・デパートに行くだけでも
クリスマス気分が味わえますね。

 

この調査レポートは、
全国47都道府県の20~50代
女性10,000人を対象に

 

「クリスマスに一人ぼっちで過ごす人=クリぼっち」
に関する意識・実態調査のようで、

 

以下のようなものもありました。

 

ジャドマ通販研究所:クリぼっちがかわいそうだと思う県

 

 

なんだこれは
と思いましたが、

 

女性の約7割が
「クリぼっちはかわいそうじゃない」
と思っているののに、

 

クリぼっちがかわいそうだと
最も思っている県が山梨県。

 

こんな評価までありました。

 

山梨の女性は明るく天真爛漫に見えても、現実主義者で経済観念も発達しています。恋愛に関しては、非常にロマンチックな考え方を持っており、人とのつながりを大切にする女性が多いです。

 

最も少なかったのが埼玉県なので、
埼玉県の女子が、最も
クリぼっちを普通だと考えている。

 

こちらの評価は、

 

埼玉の女性は、親切で温和、マイペースな県民性を持ち合わせています。それゆえに、一人でいる時間があまり苦にならず、クリぼっちをかわいそうとは思わない要因となっているのかもしれません。

 

山梨と埼玉は、ともに東京隣接県
なのに、こんな違いがあるのですね。

 

そして、クリぼっちが多い県
というのもありました。

 

「自分がクリぼっちで過ごしていると思うか?」
という質問に対する回答です。

 

クリぼっちが多い県1位は
奈良県。

 

評価はこう。

 

飲み屋も全国で一番少なく、相変わらず夜の早いところなのです。消極的な人が多いだけに、クリぼっちで過ごしているのも仕方がないのではと思っているのでしょう。

 

最も少なかったのが、
佐賀県。

 

評価はこうありました。

 

ある調査データでは、「一目ぼれしたときに、すぐに相手の電話番号を聞く」のは1位:福井、2位:北海道港町、3位:佐賀南部でした。こちらは積極的な女性が多いだけに、自分がクリぼっちで過ごすなんて、ありえないのでしょう。

 

こういう話であれば、
福井県が1位でもおかしくないですね。

 

自分のために購入する
クリスマスのプレゼントについても
ここにありました。

 

自分用のクリスマスプレゼントを
買う女子が多いのは
大分県。

 

大分県の女性の特色が
こう記載されています。

 

結婚すると姉さん女房になり、家計のヤリクリもしっかりして、日常的に買い物を我慢しているだけに、自分用プレゼントを購入しているのでしょう。

 

自分の県が何位のか、
見てみるとおもしろい
かもしれません。

 

クリスマスなのに
ブログ書いている人が
多い県も知りたいですね。

 

今日はこんなところで。